柔らかな頬

おはようございます。
久々の読書感想文です。

さて、今回は「柔らかな頬」桐野 夏生 著です。

本書との出会いは、会社の後輩から借りました。
たまたま、本を貸し借りしているのを返そうとした瞬間を見ていたら、貸してくれました。

本書は、とある事件のお話となります。
不倫から始まった事件。主人公の生い立ちからその生き様を主に描き、また、周りにかかわっている人物からの視点から主人公や事件について描写しております。

面白いです。
文庫本だと上下巻あります。

イメージ、江国香織著「神様のボート」に似ている感じはします。

若干読み終わったときに切なくなるかもしれません。
また、消化不良にお気をつけください。

柔らかな頬

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック