淋しい狩人

宮部みゆき著 「淋しい狩人」

東京下町、荒川土手下にある小さな共同ビルに店を構える田辺書店。
そこには、店主のイワさんと孫の稔がいる古書店である。
この本屋を舞台に様々な事件が起こる。
その事件をイワさんと稔が解いていく。

途中、孫の稔が若者の恋をしたときにおじいちゃんであるイワさんとけんかをするシーンなど、
最近見ない光景でなかなかしんみりとくる。

ちょっと安らぎたいとき、お薦めの1冊です。




淋しい狩人

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック