模倣犯(5)

宮部みゆき著 「模倣犯(5)」

さて、いよいよ最後の5冊目なりました。
終盤です。

網川浩一が高井和明の無実を表明し、真犯人X説を打ち出し、ジャーナリストデビューを晴れ晴れしく果たした。
網川浩一は、高井由美子の悲劇のヒロインを救うべき立ち上がった男!
日本中の女性は彼に惚れ、メディアも彼をアイドルのように騒ぎ立てる。

さて、真犯人Xは誰なのか?
気になる、ラストクライマックス!!

模倣犯〈5〉

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック