冷静と情熱のあいだ Rosso

江国香織著 「冷静と情熱のあいだ Rosso」

本作品は、辻仁成著「冷静と情熱のあいだ B;lu」とセットでお得です。
映画「冷静と情熱のあいだ」を観たので、原作を読みたく手に取った次第です。
「冷静と情熱のあいだ Rosso」は、アオイを主人公として、アオイが順正をどのように想っていたか、順正と別れたあとどのように過ごしていたかを綴ったものとなっています。

映画を先に観た都合上、映画の役者、ケリーチャンを思い浮かべながら読んで見ました。
(若干、映画のストーリーと異なっていましたが・・・。)

江国香織が書いた小説を読み終えたとき切ない気持ちになります。
今回もなってしまいました。
私はアオイだな・・・。なんてその主人公になりきってしまう私の悪い癖も・・・。

私は映画を先に観た人なので、小説から読んだ人の気持ちは分かりませんが、小説を読んだ人に話を聞くと、話が2つに分かれていてよく理解できないという意見もあるみたいですから、私としては、映画を先に観る事をお薦めします。

冷静と情熱のあいだ―Rosso

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック